Pocket

Raffles Medicalの日本人医師、じろう先生が幼稚園に来てくださり、子どもたちに「お医者さんのお仕事」というテーマでお話をしてくれました。

病院に行くと、口を開けさせられたり、注射されたり、何か器具を体に当てられたり、お薬を飲まされたり、と何かをされるばかりとなる子どもたちですが、今日はじろう先生が病院でのお医者さんのお仕事をやさしく、楽しく、心臓の映像や、胃や腸の働きの映像も解説しながらお話してくれました。

今度病院にいくときには、”お医者さんに何かをされる” というのではなく、”お医者さんが何かをしてくれる” という気持ちになってくれていればうれしいなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お話の最後に、じろう先生が聴診器で自分の心臓の音を聴いてみるという体験をさせてくれました。

「わぁっ、聴こえる!」

と自分の心臓の音が聞こえた瞬間の子どもたちの表情がとても印象的でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きているってどういうこと?

自分の心臓の音を聴いた子どもたちは、一体どんな感動を覚えただろうか?

心臓の音を聴いた体験が、自分の体の不思議さ、生命の神秘さ、そして命の大切さを知るきっかけになることを願います。